• TOP
    • >
    • FEATURE
    • >
    • ソンリーサのきちんとジャージーシャツ
ソンリーサのきちんとジャージーシャツ

SONRISA (ソンリーサ)

イタリア製の生地のなかでもトップクラスのファブリックのみを厳選し、熟練職人が生産を担う。
ジャージー製のシャツといえば、カットソー工場で縫うのが一般的である中で、高い技術を駆使して自社工場にて生産を手掛けているところも見どころ。北イタリアならではの凛々しい雰囲気を備え、マシンメイドシャツの最高峰として名高い。
プリント技術を駆使した色柄バリエが豊富なところも魅力だ。

  • SONRISA (ソンリーサ)ジャージーシャツ

    SONRISA (ソンリーサ)
    ジャージーシャツ

    24,000円~33,000円(税抜)
    26,400円~36,300円(税込)

ドレスシャツを思わせる、前立てを排し、シェルボタンをあしらった高級感のある佇まいがタイドアップにも最適。程よく短めに設定された着丈など、カジュアルに着られるバランスに仕上がっているので、休日にはタックアウトでの着用も。軽快なワイドカラーで、軽やかな春の装いを楽しみたい。

クラシック見えなのに伸びるから快適

田上

田上 いわゆる既存のジャージーシャツとは一線を画す、このモダンな雰囲気とフィッティングは、さすがイタリアのシャツ専業メーカーと思わせる美しさ。

橋本

橋本 だから、数あるジャージーシャツの中でもこれに目を付けたわけですね。

田上

田上 そう。実は、生地が面白くて、定番の無地を筆頭に、ストライプやチェックなど、プリント柄が充実しているんだ。これなら、ジャージー感に抵抗があった人にも洒落感があるから刺さるはず。

橋本

橋本 なるほど。確かに柄モノはリラックス感もありますし、一枚で羽織るこれからの季節にも存在感が際立ちますからね。まさに、玄人向けのお洒落な一着。

田上

田上 しかも、コットンベースによる滑らかで心地よい肌触り。折角、ジャケットが伸びる素材でも、シャツがそれに応えてくれなければ快適さは半減。

橋本

橋本 まさに、エグゼクティブも安心できる、一格上のジャージーシャツとしてこの今季、間違いのない選択ですね!

マシンメイドの最高峰が作るシャツは、
ジャージーでもこんなにスーツを引き立てる。その理由とは?

選べるカラバリ

  • ■ストレッチの利いた  
    華やかな一着!


    プリントコレクション「フィオールディ コットーネ」のこちらは、最高峰生地ブランド「アルビニ」社製。しなやかな肌触りは勿論、プリントならではの発色のいいデザインも他にないポイントだ。さらに、縫製が難しいジャージー生地ながら、正確かつ美しいステッチに仕上がっている。

  • ■シックなブラックなのに  
    モードにならない優れもの


    シックなブラックながら、製品染めのコレクション「シルバリー」だからモードになりすぎない、マイルドな風合い。ゆえに、カジュアルな装いの合わせに最適で、休日のレイヤードにマッチするだろう。男心くすぐる見た目なのに、他同様ストレスフリーのストレッチ生地なのも嬉しい点だ。

  • ■ロンドンストライプなのに  
    マイルドな印象の理由は?


    6ミリのクラシックなロンドンストライプ柄は、Vゾーンに奥行きをもたらす常套手段。通常ブルーのラインが多い中、本作はブラウンのラインとし、非常にマイルドな印象なため、まとまりのあるコーディネートが可能だ。生地は、アルビニ社製を使用し、襟とカフスは柔らかめにデザインされている。

  • ■彩度の高いカラーも  
    製品染めで優しい印象


    優しい印象の製品染めのため、取り入れやすいグリーンの本作。一枚で羽織るにも、ブラックリネンJKに合わせるにもよしと万能だ。ふんわりとした肌ざわりで、着心地は癖になる程柔らか。そのうえ、襟裏・台襟・ガセット・カフス裏・前立て裏・ヨーク裏に別布を添えて補強。長く着用可能だ。

  • SONRISA (ソンリーサ)
    ジャージーシャツ

    24,000円~33,000円(税抜)
    26,400円~36,300円(税込)

これも買いな逸品 ソンリーサのデニムシャツ

  • ■ノータイ時代にもキマる  
    ディテールのバランス


    上記でのタイドアップは勿論、ノータイ時にも決まるのがソンリーサの強み。その訳は、ワイドに設定された襟型と素材にある。本作は、インディゴ染めのコットン100%。さらに、表前立てとあって一見カジュアルなディテールだが、イタリアンドレスシャツを知り尽くした職人が作る本作は、きちんと見えが実現。

  • ■アイロンもしやすく  
    クリーニング不要!


    どんなに着心地が良くても、毎日の洗濯やケアが面倒では、着用頻度も減ってしまって最終的には「買わなきゃよかった」に繋がりかねない。が、本作は本当にイージー! 肌ざわりのいい綿100%だから、素人アイロンでも簡単に綺麗になる(=写真は編集部員がアイロン)。極端なダーツもないので、アイロンによるミスもほとんど起きないだろう。

  • ■細部に宿る本格仕様が  
    長く着用できる理由


    一流シャツブランドにみられる「ガゼット」。元来裂けやすい部位に、補強のためにつけたのがはじまりだが、いまでは「いいシャツの証」という見分けのポイントにもなっている。他の一流シャツブランドの多くは、白色&ブランド名が記されたガゼットが多いが、本作はタックアウトした
    着用シーンでも目立たないように、共地でできている点も見逃せない。

  • ■背ダーツなし!  
    だけど立体的で身体にフィット


    イタリアンブランドに多い細身のシャツとは一線を画すモダンクラシックのサイジング。背ダーツを排しながらも、熟練職人のカッティングで立体的に縫製されるから、肩の収まりがとことんいい。着丈は73cm(サイズ39)とやや短めながら、問題なくタックイン可能だ。その他、高級白蝶貝ボタンを鳥足掛けでつけるなど、本格仕様となっている。

この商品も併せてチェック!