• TOP
    • >
    • ふく部長
    • >
    • 涼しげに見えるシャツ マリア・サンタンジェロ

涼しげに見えるシャツ マリア・サンタンジェロ

ナポリのカミチェリア「マリア・サンタンジェロ」は、定番のコットンほか、ストレッチ混シルクなど珍しい素材を用いたシャツも展開。今回は本誌公式ECサイト「meSTORE」に登場した新キャラクター“ふく部長”とヒラ社員の対話から、その涼しげなシャツの魅力に迫ります。

涼しげに見えるシャツマリア・サンタンジェロ

艶やかなシャツで
夏のドレスアップを涼しげに

生地の淡い光沢が、Vゾーンに気品を滲ませる

マリア・サンタンジェロのシャツ
艶やかなシルク混紡地のネイビーシャツに、ネイビー基調のレジメンタルタイを合わせて。

ヒラ社員 ヒラ社員(以下、ヒラ) あれぇ〜? ふく部長、ネイビーシャツだなんて珍しいですね。


ふく部長 ふく部長(以下、部長) さすがヒラ、服に関しては目ざといね。マリア・サンタンジェロのシャツだよ。


ヒラ社員 ヒラ あ、そこ知ってます。イタリアのブランドですよね。


ふく部長 ふく部長(以下、部長) 名前の響きでイタリアって言ってないか? でも正解。ナポリのシャツファクトリーのブランドだよ。名だたるメゾンのOEM生産を手掛けているだけあって、作りがとてもいいんだ。


マリア・サンタンジェロのシャツ
シルク90%、ポリウレタン10%のアルビニ社製生地を使用した一枚。エレガントな見た目と動きやすさを両立している。

ヒラ社員 ヒラ社員(以下、ヒラ) へぇ〜。たしかに見た目からも上質というのが伝わってきます。それになんだか、生地に光沢がありますね。気品があるというか何というか。涼しげにも見えます。


ふく部長 ふく部長(以下、部長) このシャツ、実は生地がシルクなんだよ。珍しいだろ? ポリウレタン混だからストレッチも効いているし、肌当たりが最高に気持ちいい。あとキミの言うとおり、涼しげに見えるのはこの時期重要だよな。


ヒラ社員 ヒラ クールビズが許される夏とはいえ、タイドアップしたい日もありますもんね。


同色同士の合わせは、スマートにこなす定石

ヒラ社員 ヒラ社員(以下、ヒラ) それにしても部長、ネイビーシャツにネイビーのレジメンタルタイを合わせるだなんて、相変わらずスタイリングも気が利いていますね。めちゃめちゃ洒落ています。


ふく部長 ふく部長(以下、部長) 照れるね。でも種明かしをしてしまえば、カラーシャツコーデの定石さ。スーツとタイを同色で合わせて、カラーシャツを際立たせるという手もある。何にせよ、どこかでつながりを作ってあげるのがコツかな。


マリア・サンタンジェロのシャツ
コットン×ナイロン×ポリウレタン生地のブラックシャツを主役にしたコーデ。スーツとタイの色を合わせることで、シャツの存在感が際立つ。

ヒラ社員 ヒラ社員(以下、ヒラ) カラーシャツ、惹かれますね。一枚でも持っていればワードローブの裾野も広がりそうですし♪


ふく部長 ふく部長(以下、部長) そうそう。マンネリしているときに着るとパッ!と気分が晴れるんだ。


ふく部長のおすすめ

マリア・サンタンジェロのシャツ

ドレッシーな高番手のブロードから
ストレッチ混のそれまで、多彩なシャツが揃う

ナポリのカミチェリア“マリア・サンタンジェロ"が得意としているシャツの1つに、繊細ゆえ縫製が難しいとされるシルクシャツがあります。某メゾンのOEMにて多くのシルクシャツを生産してきたのが、得意の由縁。写真左、ネイビーシャツはまさにシルクのそれで、気品に溢れる艶を楽しめます。ポリウレタンの混紡により、動きやすさを向上させているのもポイントです。
写真右、モードが薫るブラックのシャツは、コットン×ナイロン×ポリウレタンからなるストレッチ生地を用いたもの。中央のマルチストライプシャツは、高番手のコットンブロードを用いた一枚です。こちらは第2ボタンまで空けても胸がはだけ過ぎないよう、ボタン間隔が調整されているのも持ち味。ノータイスタイルにも重宝します。

マリア・サンタンジェロのシャツ
コットンブロード生地の一枚。サックスのストライプがいい具合に効いていて、こちらも涼しげな表情です。

    話したのはこの2人


    ふく部長 ふく部長
    コロナ禍に部長職となったエグゼクティブ。お洒落の知識と着こなしのセンスから、誰が呼んだか通称「ふく部長」。ニューノーマルに適応すべく部下に気を遣う一面も。髪はロマンスグレーに移行中。


    ヒラ社員 ヒラ社員
    なかなか新人が入ってこない中堅ヒラ社員。ニューノーマルな働き方を目指しつつ、スーツをバシッと着こなして「デキるビジネスマン」に見られたい煩悩ももつ。お洒落メガネ男子で、結構イケメン。




写真=伏見早織 スタイリング=宮崎 司 文=秦 大輔

涼しげに見えるシャツ マリア・サンタンジェロ