TOP > OTHER > Foo Tokyo(フートウキョウ)Foo Tokyoバスオイル

Foo Tokyo(フートウキョウ)Foo Tokyoバスオイル
Foo Tokyo(フートウキョウ)Foo Tokyoバスオイル
Foo Tokyo(フートウキョウ)Foo Tokyoバスオイル
Foo Tokyo(フートウキョウ)Foo Tokyoバスオイル
Foo Tokyo(フートウキョウ)Foo Tokyoバスオイル
Foo Tokyo(フートウキョウ)Foo Tokyoバスオイル
Foo Tokyo(フートウキョウ)Foo Tokyoバスオイル
Foo Tokyo(フートウキョウ)Foo Tokyoバスオイル

Foo Tokyo(フートウキョウ)Foo Tokyoバスオイル

2,980 (税抜)
3,278 (税込)

↑ ↓

かごに入れる
商品説明

■オイルヴェールでお風呂上がりの潤いを守るラグジュアリーな香りのバスオイル
Foo Tokyoのプレミアムナイトバスオイルは、肌をひきしめたり高い保湿力を持つローズヒップオイル(カニナバラ果実油)をはじめ、コメヌカ、アルガン等のピュアオイルをたっぷりと配合しました。
浴槽に数滴垂らすだけで水面にオイルヴェールが広がり、お風呂を上がると同時に、肌にそのままオイルヴェールが移ります。こうして乾燥する前にオイルで肌を保護することで、お風呂上がりも潤いを持続させるのです。 エッセンシャルブレンドオイルのラグジュアリーな香りが、肌も心もリラックスできるバスタイムを演出。
お風呂は「リラックスタイム」「美容の時間」と位置付けられることも多いですが、「入浴後20~30分」の時間は、入浴前よりも肌が乾いた「過乾燥」状態になっていることも。 入浴前は「角質が隙間なく並んだ綺麗な状態の角質層」に肌本来の潤い成分(天然保湿因子)が含まれており、肌内部の水分が守られている状態です。 しかし、身体を洗う際の摩擦刺激で角層表面が傷付くと「肌のバリア機能」が破壊され、潤い成分が溶け出し水分が蒸散しやすい状態に。そのままお湯につかると角質は水分を含んで膨張し、通常は隙間なく並んでいた角質に隙間ができてしまいます。そこからも潤い成分が溶け出してしまうので、ますます肌から水分が逃げやすい状態に。
お風呂後の乾燥から肌を守るために、ピュアオイル配合のバスオイルは効果的です。

■植物の恵み
FooTokyoのナイトコスメには「植物の恵み」である、天然由来の成分を使用しています。ナイトクリームは日本で汲んだ温泉水で仕上げました。
不使用成分:合成着色料、石油系界面活性剤、香料、鉱物油
内容量:30mL 約20回

■テクスチャ―
柔らかく滑らかなテクスチャー。とろりとしたミルクローションが肌を優しく包み込み、潤い溢れる肌へと導きます。べたつきにくく、さらりとした仕上がりに。

■使用方法
バスオイルを湯船に数滴垂らします。香りを充満させるように優しくかき混ぜ、オイルの油分をお湯表面に薄く広げていきます。お風呂から上がると同時に、お湯表面に広がったオイルが肌に薄い保湿膜を作ります。お好みでそのまま洗い流さず、マッサージするように肌へ馴染ませてもOK。

■全成分
DPG、香料、ニオイテンジクアオイ油、コメヌカ油、カニナバラ果実油、アルガニアスピノサ核油、ヒマワリ種子油、ヤシ油脂肪酸PEG−7グリセリル、トコフェロール、水

【商品スペック】
容量:30ml